環境や食生活を改善したペニスサイズを大きくしましょう

ペニスサイズと遺伝

「ペニスのサイズは遺伝によって決まるのか?」という素朴な疑問に当たります。

 

もちろんペニスのサイズは親から受け継いだDNAによってある程度決まってくるので、遺伝によって大きさやサイズというものは左右されます。
これは背丈や禿げが遺伝するのと同じようにペニスのサイズもある程度遺伝するものだといえるでしょう。

 

父親が大きなサイズのペニスであれば、子供もある程度大きくなる可能性はあるでしょう。
また母方の祖父が大きなペニスであればそれが孫に遺伝することも考えられるでしょう。

 

しかし自分の父親のペニスが短小だからと言って必ずしも悲観しすぎることはありません。
何もペニスのサイズは遺伝のみによって変わるのではなく、成長していく上での条件や環境によっても左右されるのです。

 

よく言われているのが包茎で皮かむりが多いと、ペニスの成長が阻害されるということが言われています。

 

人の成長には食生活や睡眠、生活環境が大きく関わってくるので、
こういった条件を整えることでペニスの成長というものは大きく変わってくるのです。

 

特にペニスの成長に適している栄養素というものもあり、
アミノ酸やミネラル、ビタミンBやビタミンCなどといわれています。

 

これらは男性ホルモンを増長させるといわれており、海綿体の細胞を増殖させることができるといわれています。

 

ペニスは海綿体という特殊な組織が形成されており、ここに血液が流れることによって勃起が起こります。当然多くの血液を集約することができれば、膨張率も大きくなっていきます。

 

したがって血流をよくすることもペニスの成長には欠かすことのできない要素です。
ビタミンEなどの血行促進成分を取り入れるといいでしょう。

 

 

このようにペニスの大きさは親から遺伝するものであることは間違いありませんが、
必ずしもそれだけですべて決まるということはなく、
体内で成長していく過程での食生活や環境によっても大きく左右するものだと認識しておくことが大切です。