16㎝17㎝は当たりまえ!アフリカ強豪国のペニスサイズ

アフリカの強豪国

ペニスのサイズが大きいとされているアフリカには、
世界一のペニスだと言われるコンゴ民主共和国をはじめ多くの強豪国がひしめいています。

 

 

コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国はアフリカ大陸の中央に位置するもともとはザイールと名乗っていた国です。
ペニスの全長18㎝を誇る世界一の男性器平均サイズの国です。
南アフリカの温暖な気候を受けてすくすくと育つコンゴ国民は、体格も大きく2mを超す身長の人材を多く輩出します。
世界ランキング堂々の1位で今後の調査の動向が注目されます。

 

 

ガーナ

ガーナもアフリカ大陸の雄で、コンゴ民主共和国に次いで大きなペニスを持つという国の一つです。
コンゴには及ばないものの17㎝以上の全長の平均値を出しています。
ガーナは西アフリカに位置しており、面積はそれほど大きくはありません。
もともとはイギリス領で、日本にはカカオや豆などを輸出しています。

 

 

スーダン

スーダンも16.20cmを超す大きなペニスを持つ国とされています。
スーダンはエジプトのすぐ下に位置して、北アフリカにある国です。
ナイル川やヌビア砂漠などに囲まれ、紀元前以前は古代ヌビア王国として栄えた地域です。
エジプトはナイルの賜物と言いますが、スーダンの巨根もナイルの賜物といえるのかもしれませんね。

 

 

またアフリカに植民地を持っていた先進諸国はアフリカからの移民が多く、それにより自国のペニスの平均値が高まる傾向があります。

 

 

フランス

フランス人の平均的ペニスの大きさは16㎝を超えます。
フランスはアフリカ系移民が多く、全体の20%弱も移民によって形成されています。

 

アメリカなどはアジア系移民によってペニスのサイズが小さくなっていると言われていますが、
フランスはアフリカ系移民のおかげで平均値が高くなっているという特徴があります。

 

このようにアフリカ系の民族の底力はとても強く、生まれ持っての天から与えられたペニス大きさを持っているということがいえるでしょう。

 

また南米のブラジルやエクアドルといった国々もかなり大きなペニスを持っているといわれ、
南半球は北半球よりも芳醇なペニスがよく育つとされています。